12.独立・ビジネス

FP試験の頻出論点・6つの係数を復習

更新日:

私は一昨年にファイナンシャル・プランニングの1級試験に合格しました。既に多くの知識が忘却の彼方という状況ですが、部分的に仕事で使う知識と重なっていまして、必要に迫られた場合には復習をしています。

さて、ファイナンシャル・プランニングの試験では「6つの係数」というテーマがあって、テストでもよく出題されています。しかしこの係数というのが非常にややこしく、概念を理解するのが大変です。かくいう私もイマイチ理解しきれておりませんでした。先週、投資の皮算用をしているときに「こういう場合は何の係数を使うんだったかな?」と思った場面がありましたので、これをきっかけに復習することにしました。6つの係数とは、以下のことを言います。

①終価係数
②現価係数
③年金終価係数
④減債基金係数
⑤年金現価係数
⑥資本回収係数(老後生活費の取り崩し可能額計算・住宅ローンの元利返済額計算)

まず、①②は比較的簡単です。①と②は裏表の関係です。
①終価係数:元本をある利回りで一定期間運用した場合、将来価値を求めるための係数・・現在の資金×終価係数=将来の資金
②現価係数:期待する将来価値があって、ある利回りで一定期間運用する場合に必要な現在の元本・・将来の資金×現価係数=現在の資金
銀行で定期預金する場面を想像すると分かり易いです。途中で預金額を追加したり、元本を取り崩さないという点が③~⑥との大きな違いです。

問題は残りの4つ、③~⑥です。今回私はいろいろ考えた結果、2×2のマトリックスで考えると分かり易いのではないかと思いました。③と④は裏表の関係で、⑤と⑥の裏表の関係です。
③は、毎年50万円ずつ資金投入し、10間に年5%の利回りで資を運用したら、期間了時の値はいくらか?
④は、10年後に1,000万円必要な場合、年5%の利回りで運用できるとしたら毎年何円の基金積み立てが必要か?
⑤は、毎年50万円を10間受け取りたい場合、年5%で資を運用できるとしたら在どれくらいの値の資金が必要か?
⑥は、今(資本)を投下して10年間に分けて受け取る場合、年5%で運用できるととして毎年いくら回収、受け取れるか?

何気に当ブログでは「FP1級の勉強方法・勉強時間」が人気記事上位ということもあって、こんなネタをまとめてみました。概念と名称をリンクさせるのも一苦労ですが、何日かブツブツとつぶやいていると体得できると思います。

広告

-12.独立・ビジネス

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.