保有日本株

【2021年6月26日更新・保有日本株メモ】

不定期にコメントを修正していきます。
★印・・・仕込み完了の主力銘柄
☆印・・・買い増し対象銘柄(将来の主力銘柄候補)
◎印・・・優待銘柄

※ヒノキヤグループ(1413)★
・高成長資産株で日本アクア(1429)の親会社
・名証二部から東証二部(2017年3月)を経由して東証一部へ(2018年3月)
・2020年にヤマダ電機の連結子会社になる
・配当性向は30%
・バランスを考えて長期的に8,000株くらいまで減らしていく方針
・業績に波があるので注意が必要

※日本アクア(1429)☆
・断熱材を扱う成長企業でヒノキヤグループの成長牽引役
・配当性向50%を目指す(中期経営計画)
・キャピタルゲインも期待出るが、継続保有がメインシナリオ
・現時点の配当利回りは高くないが、将来のキャッシュカウ化に期待

※プレミアムウォーターHD(2588)
・光通信の連結子会社、ストックビジネス型の宅配水事業が急成長中
・長期保有でテンバガーを狙う、目標株価は2031年に35,000円
・当面は無配当と思われるが資金需要旺盛な成長期につき許容
・流動性の低さが難点

※伊藤園優先株(25935)◎
・東証に上場している唯一の優先株
・優先株には議決権がないが普通株より配当が多い
・東日本大震災の直後に優待(ドリンクセット)と配当目的で購入
・7月頃届く優待がお中元的な感じで嬉しい
・利回り的によい水準になってきたので売却も検討

※日本たばこ(JT・2914)☆◎
・高配当に注目して2017年3月から投資開始、重点的に仕込みたい銘柄
・海外売上比率が高いので外国株の代用になるものと判断
・3,000円以下は買いゾーンと認識
・場合によっては他株を売却しての乗り換えも辞さない
・既に6,200株を保有中だが、いずれ7,000株程度まで増やす方針

※すかいらーく(3197)◎ 2020/11 売却済み
・優待目的で300株保有、法人でも300株保有
・中長期的には優待人気による株価上昇を予想
・優待改悪がない限り長期保有する予定
・ただし「のれん」リスクに要注意、特に2020年頃まで油断できない
・何かあればすぐ逃げるくらいの心の準備も必要
・優待が使い切れいないため買い増し予定なし

・財務状況が安定したら再度購入を検討したい

※クリエイト・レストランツHD(3387)◎
・優待目的で100株購入
・成長鈍化リスクが怖いが、優待込みの高利回りに目をつぶる
・売却せずに長期保有するイメージ、追加購入予定なし

※SUBARU(7270)☆
・旧富士重工業、軍用機メーカー「中島飛行機」が源流の名門
・国際分散投資目的で2017年4月から投資を開始
・同業他社比較で規模は小さいが、ブランド力がある点が魅力
・キャッシュフローが潤沢な「金のなる木」銘柄
・財務状態は悪くないので、今後の株主還元に期待
・主戦場のアメリカでインセンティブ費用が増加基調なのに要注意
・営業利益率が低下気味な点は心配であり、高値を追う銘柄ではない
・3,000円以下は買いゾーンと認識、3,500株を目標に買い集めたい

※三菱商事(8058)
・ポートフォリオの柱の一つとすべく投資を開始
・商社トップで安心感あり、累進配当方針に期待
・長期的には3,000株を目指して買い増したい
・配当利回りで4.0%以上となる水準で購入したい

※三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)
・リーマンショックの翌年から保有、結構長い付き合い
・経済動向把握のため、わかりやすい銀行株を保有して観察する目的もあり
・配当性向40%を目指す方針で自社株買いにも積極的
・金融株の比率が低いので、今後買い増ししたい
・配当利回りを4.5%以上のタイミングで買い増したい

※三井住友フィナンシャルグループ(8316)
・アベノミクス初動で売却したが、2016年の株価低迷時に買い戻し
・中期経営計画では配当性向40%を目指す方針が示され、増配余地あり
・バーゼルⅢ決着で自己株式取得をしやすい環境となり、投資家に追い風
・金庫株放出で経営陣の方針に疑問符
・配当利回り4.5%以上のタイミングで買い増ししたい
・最終的な保有株数は3,000株を目標とする

※みずほリース(8425)
・興銀リースから商号変更
・リーマンショック後に優待(図書カード)目的で購入
・2020年からは優待がクオカードに変更される
・投資効率の観点から追加購入の予定なし
・地味に連続増配中、法人でも優待目的で100株保有

※三菱HCキャピタル(8593)
・連続増配株であるMUリースが日立キャピタルと統合して誕生
・配当利回り4.5%以上のタイミングで買い増ししたい
・5,000株まで増やしたい

※オリックス(8591)
・コロナショックで安くなった所を優待目的で購入
・買値を下回る位の下落があれば買い増し実行予定

※サンフロンティア不動産(8934)
・オフィスのリノベーション等で業容拡大する不動産会社
・強力な営業力に期待
・中長期的に保有予定

※KDDI(9433)★◎
・お気に入り銘柄である沖縄セルラー(9436)の親会社
・現在1,000株保有中、当面現状維持とする予定
・連続増配銘柄で優待あり、法人でも優待目当てで保有中

※沖縄セルラー電話(9436)★◎
・保有15年のポートフォリオの最古参株
・沖縄県での携帯シェアは50%超でドコモを圧倒
・地元密着で業績安定の優良株、株主優待あり
・連続増配ランキング上位で今後の増配にも期待
・増収増益連続増配と配当性向40%超を経営目標に掲げる
・優良株につき最低でも5,000株は手元に残すつもり

※NTTドコモ(9437)☆ 2020/11 TOB応募→上場廃止
・言わずと知れた有名企業
・株主還元に積極的な姿勢を評価して購入
・配当利回り4.0%以上の水準で買い増ししたい
・現在900株保有中だが、将来的に2,000株を目指したい

※東北電力(9506)★
・東日本大震災による大損害を乗り越えた企業の底力に脱帽
・自己資本は回復途上で配当も徐々に回復中、年50円配復活に期待
・女川原発再稼働によるシフトアップに期待
・株価2,000円以下で売る予定なし
・ポートフォリオの中で優良債券の役割を果たしてくれることを期待
・既に5,000株保有しており、これ以上増やさない方針

※電源開発/Jパワー(9513)
・東北電力の補完銘柄として2020年から投資開始
・配当利回りで5.0%以上確保できる水準であれば買い増し検討
・ただし追加購入してもバランスの観点から2,000株程度が上限

※ヤマダ電機(9831)◎ 2021/3 売却済み
・優待目的で100株購入
・定期的な消耗品の購入代金に優待券を使う予定
・会社の性質を見た結果、買い増しは見送る方針
・会社の業績予測の信頼性は低く当てにならない

以上

広告

関連コンテンツ

更新日:

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.