09.配当・株主優待

令和元年10月の不労所得

投稿日:

月末までまだ時間がありますが、10月の不労所得が確定したのでまとめました。カッコ内は手取り額で、キャピタルゲインは集計対象外です。

※令和元年10月の不労所得一覧

・不動産所得 9,000円(9,000円)
・貸株金利 756円(756円)

今月は株式からの配当がゼロ、不動産所得(収入-経費)と貸株金利だけの寂しい入金状況でしたが、どうしてもこういう時期はあるので、何もないよりはマシと考えるようにしています。という訳で今月の入金は以下の通りとなります。

・円貨 9,756円(9,756円)

※今年の不労所得合計額

・円貨 3,778,730円(3,047,560円)
・外貨 230.03米ドル(167.66米ドル)
・株主優待品 71,000円相当 

昨年の記録を見直してみたところ、上記の円貨の所得の額は昨年だと12月に到達した所得水準とほとんど同じです。つまり今年11月と12月にもらえる配当相当額が今年の成長分ということになります。配当の再投資とニューマネーの追加、それに各投資先の増配の相乗効果の結果ですが、この加速が少し怖いです。

広告

-09.配当・株主優待

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.