05.株主総会・説明会

沖縄セルラーの投資家説明会に行ってみた

更新日:

桧家HDの説明会の後、休憩を挟んで沖縄セルラーの説明会にも参加しました。こちらのレポートも残しておきたいと思います。

正確に数えたわけではないですが、本日の説明会参加者は70人位だった気がします。前の時間の桧家説明会に比べると、人数はちょっと少なかったです。

北川社長が資料に基づいた説明をしましたが、この方はとてもプレゼンが上手です。事業を展開しているのが沖縄ということで、あまり馴染みのない人にもわかるように話していました。今更ですが驚いたのが事業エリアの話。沖縄県って沖縄本島や宮古島、石垣島、大東島と範囲が広い訳です。沖縄県の地図を本土の地図に重ねると、なんと八丈島~長崎!の広さに匹敵するとか。

さて、説明会の話は細かい数字の話というより、どんな事業で特徴は何かというところに重点がありました。私が大事そうだと思った話は下記の通り。
・数年前に参入した固定通信事業は費用先行型であり、ここ数年来利益が横ばいだったのはそれが原因。
・すでに先行投資フェーズは終わって回収フェーズに入っている。
・固定通信事業は、来年度には黒字化の見込み。
・固定通信事業(NTTでいえばフレッツ光に相当)の県内シェアは20%、残りはNTT西日本。
・数年前のシェアは数%程度でここまで急成長。まだ拡大の余地がある。
・親会社のKDDIと協力すること(端末の買い付け交渉とかシステム)でスケールメリットを享受。
・一方で、沖縄の地域性を考慮して、販売施策などについては親会社と違うやり方でも取組可能。
・CSRでは年間数千万円の予算を取っている。

全体的な印象としては、地元密着でしっかり取り組んでいるなという感じでした。それが奏功して沖縄セルラーの県内携帯シェアは約50%で圧倒的な存在感。47都道府県のうち、ドコモがシェア首位を取れてないのは沖縄だけ。株価の上下は別として、株主として安心して保有できる銘柄だと思います。

それと、間もなく株主優待制度が始まります。何でも、沖縄セルラーからもらえる優待券は本土のKDDIでも使えるとか。県外の株主にも配慮された内容で嬉しいですね。業績も順調そうなので、引き続きホールドしたいと思います。ちなみにお土産としてエコバックを頂きました。

以上、こちらも参考までにレポートしておきます。

広告

-05.株主総会・説明会

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.