12.独立・ビジネス

最近のビジネスの状況について

更新日:

このブログは投資がメインテーマですが、管理人が会社経営(といっても社員はゼロで、働いているのは私一人)をしているということもあって、時々ビジネスに関する記事も書いています。

当社は9月決算です。独立前に簿記3級を取った経験を活かして、月に何度か弥生会計で記帳しているのですが、それによれば今期も70万円ほどの黒字となりそうです。9月に急ぎの仕事が入れば黒字が100万円位にはなるでしょう。売上は1,000万までは届かないと思いますが、800万円台の半ばといったところです。3年半前に明確な見込み客がいるわけでもないのに独立しましたが、思ったより早く売上が増えました。こんな私に仕事をくれるお客さんに感謝しています。経営成績の見込みはこんな感じです。

売上       850万
売上原価     0万
販管費(人件費) 500万(法定福利費含む)
販管費(その他) 250万
営業利益     100万

役員報酬や私個人への家賃支払い、支給旅費の差額、会社負担の社会保険料を含めて概算で500万円です。単純に役員報酬でも貰うのがオーソドックスですが、負担の大きい社会保険料の増額を避けるため、一部は家賃や支給旅費という形で個人へ還元しています。サラリーマンに置き換えれば年棒550万円といったことろでしょうか。日々の余裕のある時間というのも隠れた報酬、もっと言えばこれが真の目標とも言えます。これに個人の株配当250万が加わると年収800万円水準となり、問題なく生活できる体制になっています。

売上が増えている背景には、認知度アップによる引き合いの増加という要因と単価アップという要因があります。3年以上地道に営業を続けることで、より多くの人に会社の存在を知ってもらえて認知度が上がりました。開業当初は閑古鳥でしたが、石の上にも三年、耐えた甲斐がありました。単価アップの効果も見逃せません。時間給ベースで見た場合、以前は@5,000円位の仕事がゴロゴロありましたが、最低でも7,000円位になってきましたし、最近は@30,000円を超える案件もありました。上下のレンジが切り上がってきたので良い傾向です。

私はお金持ちではなくて、時間持ちになりたいと思っています。空いている時間にドンドン仕事を詰め込むのではなく、短時間で効率的に仕事をしてそこそこ稼ぐスタイルが理想です。強いて言えば時間給@12,500×8時間×月20日×稼働率40%=月額売上80万円といった感じでしょうか。セミリタイア志向というか世捨て人志向というか、私はそういう傾向があります。そんな生活を実現するために最適なビジネスのあり方を追求していきたと考えています。

広告

-12.独立・ビジネス

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.