02.投資方針

調整に備える

更新日:

年初来からの不安定な相場を見ていると「今年はちょっと難しそうだぞ」と感じます。理屈ではなくてこれまでの投資経験から来る直感みたいなもので、特に根拠はないのですが。。

アベノミクスが始まってからもう3年以上になります。金融政策には手詰まり感がありますし、その割には景気の盛り上がりは今ひとつで、これからドンドンよくなるというイメージが湧きません。来年には消費税のアップも控えています。海外も特に新興国経済が不振です。こんな環境を見ていると、相場の停滞や下落が近いのではないかと思ってしまいます。

そこで今年は少し保守的な運用をしていくことにしました。具体的には、買いポジションは控えめにする、上値を追わない、欲張らずに利益確定していく、という感じです。株価が上がるか下がるか分かりませんが、仮に下に動いた時に大きなダメージを受けないような運用、守り重視の運用をしていくつもりです。もし株価が上がった時は儲け損ねることになりますが、その際には仕方なかったとあきらめようと思います。

株価が下がっても配当はそれほど下がらないことが多く、良い株を安く仕入れることができるという意味で相場の調整は好機でもあります。調整期に仕込んだ株は、いずれ次の上昇相場で輝いてくれるでしょう。その為にはまず下落相場で生き残ることが必要で、過度にリスクを取ったポジションは命取りになるかもしれません。そろそろ用心した方がいい時期じゃないかなと感じまして、少し保守的な運用をしていくことにしました。

急に売買を減らすつもりもありませんし、好機には思い切った売買をするつもりですが、より用心深く相場と向き合っていくつもりです。

広告

-02.投資方針

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.