02.投資方針

目標とするポートフォリオ像

投稿日:

一昨日、外国株の入替を実施しましたが、その背景として目標とするポートフォリオ像の修正があります。

3年前からリスク分散を目的に外国株への投資にもチャレンジしていましたが、お試し的な期間もこのへんでいいかな、ということで改めて外国株投資の位置づけを再考しました。

本業との組み合わせや相性を考えて、やろうと思えば仕事を辞めても配当金だけで生活できる体制を構築することが、私にとっての株式投資の目標です。ですから安定的なキャッシュフローを供給してくれる高配当株式、特に分かりやすい国内高配当株を主力に据えるこれまでの大方針は変更しません。しかしながら、内需系の国内株に偏りがちな私のポートフォリオには、海外の経済成長の恩恵を受けにくいという欠点があります。恩恵に預かるためには外国株や外国へ投資するETF等を買っていく必要があります。

そこで役割分担などを考えて、長期的に以下のポートフォリオを構築していきたいと考えています。

①業績安定の内需系国内高配当株=キャッシュフロー確保を重視
②外需系の国内高配当株=リスクを取りつつ、キャッシュフロー確保と海外経済成長取り込みを両立
③外国株、外国ETFまたは外国へ投資する国内ETF=海外経済成長の取り込みに重点

比率としては、①:②:③=75%:15%:10%のイメージです。
国内企業の方が情報分析がしやすいので、基本的に国内株がメインで①+②=90%が日本株です。
しかし国内経済の衰退リスクに備え、②+③=25%を外国に振り分けます。
何年か外国株投資を経験してみて、特に配当が税制面で不利ということも確認できたので、③では配当の重要度を下げました。
ちなみに①でも多少の成長性がある株を選ぶつもりですし、③でも多少はキャッシュフローを確保するつもりです。

現時点では①が全体の94%を占めているので、今後再投資を行う場合には意識して②と③を増やしていきます。

広告

-02.投資方針

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.