02.投資方針

落ちるナイフを掴むべきか?

投稿日:

今日はここ最近の下落トレンドを払拭するような株価の上昇でした。評価額もそれなりに回復して嬉しいのですが、少し残念な事実もあります。

今回の下落では主に銀行株を買い下がりました。MUFGについては680円台から、SMFGについては3,600円台から買い下がったのですが、大きく株価を戻した本日の時点でMUFGもSMFGも含み損の状態です。つまり、ナンピンせずに今日買えばもっと儲かった可能性がある訳です。

これは地味にショッキングな事実です。。ストレスを抱えて耐えに耐えたのに、結局直前まで何もしない方が合理的ということですから。今までの苦労は一体何だったのでしょう。。確かに暴落時のナンピン作戦がツボにはまることはありますが、それは最初の購入後にすぐに底打ちする場合で、何度も買い下がると今回のような結果となってしまいます。仮に上手なナンピンができたとしても、クリーンヒットする可能性は決して高くはなさそうです。ナンピンして単価を下げるという戦術は重要かつ必要なスキルですが、今回のような垂直落下のケースでは相場が落ち着くまで待つ方がよい結果を残せそうな気がします。

前にも似たような経験をしましたが、誘惑に負けて落ちるナイフに手をだしてしまいました。ズルズルと含み損を膨らませるのは上策とは言えません。暴落に買い向かう時ってアドレナリンが出るようで、ストレスがあるのにとても気合いが入るのは事実ですが、手負いの状態では買戻し相場になるころには満身創痍で身動きが取れず、一番おいしい場面を逃してしまいます。

今後同様の暴落に直面した場合、落ちるナイフには手を出さないよう自分を戒めたいと思います。暴落の時は反転が確認できるまでは「動かざること山の如し」という態度で、はやる気持ちを抑えられる投資家になりたいと思います。

広告

-02.投資方針

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.