16.初心者向け 株式投資入門

株式投資入門①・・なぜ投資をするのか明確にしよう

更新日:

私は自分が株式投資をしていることを、親しい人に限って話をしています。積極的に話すわけではなく、儲けたときも黙って、むしろ損した話をネタとして話しています。そんな状況なので、時々「株を始めたいけど、どうやったらよいか?」という相談を受けます。潜在的にそういう人も多いかなと思うので、不定期連載でそんな話をしていきます。

私はそんなに大儲けはできていませんが、投資歴15年の中で生き残り、多少は利益もあります。これまでの経験を振り返り、これから投資をしようか迷っている人の一助になればと思います。すでに投資歴の長い方は読み飛ばして下さい。

さて、「株式投資を始めたいのですけど・・」という相談を受けたら、私はこう返事をすることが多いです。

「なぜ、投資を始めようと思うのですか?」

これに対する返答は人それぞれで、老後の資金作りや、セミリタイアしたいので給料以外で稼ぎたい、など。他には、単純にニュース見て興味本位でとか、アベノミクスに便乗したいという人もいます。手短に言えば、大半が「儲けたい!」という理由で、私自身も同様です。個人的には、ここで目的が明確な人ほど投資の心構えができている傾向があると思います。

なぜなら、目的が明確であるほど、そこに至るための手段や方法が具体的になるからです。投資に限らず、これは仕事や実生活でも同じことですよね。また、株式投資では困難な局面に直面することも多いです。投資は娯楽ではありません。同じ土俵で戦う百戦錬磨のプロやセミプロは、相手が初心者だからと言って手加減などしてくれません。もちろん、楽しいことや嬉しいこともありますが、大変なことが多いのも事実です。むしろ、普段は面白くない状況の方が多いといってもいいでしょう。そういう困難な戦場で戦おうとするなら、強い精神を持つことが必要で、それには明確な目標が必要です。

という訳で、私は投資を始めようとする人には、目標を明確にすることを勧めています。できれば、○○したいから、何年後にいくらのお金が欲しい、という事まで言えればよいと思います。私の場合だと、セミリタイアしたいので、2018年までに1億円超の資産か、年300万の配当が欲しい、って感じです。この目標が明確にできた人に対して、私はこういうやり方があるよ、というアドバイスをしています。

目標が明確ではない人に対しては、あまり株式投資を勧めないです。目標が曖昧だと、アドバイスもしずらいですからね。目標が明確であっても、株式投資を勧めない場合がありますが、それは次の記事で書きたいと思います。

広告

-16.初心者向け 株式投資入門

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.