21.購入検討

購入検討株リスト(平成29年4月9日)

投稿日:

最近割と仕事が暇なこともあって、四季報やダイヤモンドザイを活用した新規投資の対象株のリストアップが進みました。現時点でトレース中の銘柄は次の通りです。【 】内は購入目線で、これを下回れば私の投資基準に合格する株価です。

1928 積水ハウス・・業界大手なのに割安で配当利回り4%超、手薄な1月決算銘柄【1,760円】
3099 三越伊勢丹・・優待目当て、業務上必須の盆暮れの贈答品割引に使いたい【1,040円】
3276 日本管理センター・・高成長株なのに3%の配当付き、主力銘柄候補【1,230円】
3387 クリエイトレストランツ・・優待目当て、7%超のリターンで長期保有のイメージ【970円】
4318 クイック・・業績好調で成長性に期待だが配当もまずまず、優待付【1,130円】
7510 たけびし・・連続増配株(7年)でおまけの優待付き【1,370円】
9386 日本コンセプト・・業績好調で成長性に期待だが配当もまずまず、優待付【1,140円】
9433 KDDI・・沖縄セルラーホルダーとしてこちらも一つ欲しい、優待付き【2,830円】
9622 スペース・・資本政策が保守的だが底堅そうな商売で高配当【1,310円】
9728 日本管財・・優待目当てだが、ストックビジネスで底堅そう【1,700円】

この他、7630壱番屋も欲しいのですが高嶺の花で当面手が届きそうにありません。ちなみに「配当利回り3.5%以上、増配期待があれば配当利回り3.0%以上」が私の基本スタンスで、優待がある場合には内容により配当とみなして加算しています。例えば金券類は額面通り、米や食料については半額換算という感じです。明らかに優待が目当ての銘柄は、優待込み配当利回りで5.0%以上が目標です。なお、増配の確度が高そうな場合には、翌期の予想配当を採用するケースもあります。

続きまして、積極的に買い増ししたい既存保有銘柄は以下の通りです。

2914 JT・・3,620円以下を、50円刻みで買い下がり
4668 明光ネット・・1,200円以下で300株買い増し
7270 SUBARU・・3,800円以下を、200円刻みで買い下がり
8898 センチュリー21・・1,430円以下で400株買い増し
9769 学究社・・1,500円以下で積極購入

少し前までは中国電力も候補でしたが、他の銘柄に比べてやや魅力に欠けるので様子見です。

順次振り込まれる配当金や、四国電力の売却代金を原資にして、上記銘柄を買い漁っていきたいと考えています。

広告

-21.購入検討

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.