12.独立・ビジネス

独立を志す人へのおススメ②

更新日:

今回はセミリタイアや独立を目指している人向けの記事(独立を志す人へのおススメ)の続編です。

現在会社勤めをしている人であれば、セミリタイアするにせよビジネスを始めるにせよ、環境が激変します。環境が変われば、当然お金の流れも一変するわけです。定収入であった給料がなくなり、当面は綱渡り的な財政状態になるかもしれません。普通であれば、ちゃんと生活できるか心配になりますよね。

そんな方におススメしたいのが、心配解消の第一歩として家計簿をつけることです。

できれば新しい環境に移る前に、1年くらい継続できるとよいです。普段何にお金を使っているか、把握できてる人って意外に少ないです。家賃とかの決まった額を除くと、案外あやふやだったりします。私も何年か前はそんな感じで、1年くらい家計簿をつけてみてどこでお金を使ったか記録してみました。そうすると、毎月どこにお金を落としているのかが一目瞭然です。食費にいくら、交際費でいくらと傾向がわかるので、自分がいまの生活を維持するには何円必要かがわかります。副次的な効果として、無駄遣いも炙り出されるので、その分はコストカットできるかもしれません。私の場合、月30万円、余裕を見ると35万円必要でした。

その額を稼げる見通しが立てば、セミリタイアや独立はもう射程圏内です。会社を辞めてもその額を稼げる可能性が見えた時点で、私は会社を辞めました。当たりの前の話ですが、会社を辞めたら給料はなくなります。それでも生活には毎月一定の額は必要です。配当や不動産収入でこれをカバーするのもいいですし、事業で稼ぐのもいいでしょう。

でもまずは「いくら稼がないと生活できないの?」ということを明確にしましょう。そうすると、おのずとセミリタイアに必要な資金額や、必達すべき利益や売上も明らかになります。まだ把握できていない方には、チャレンジすることをおススメしたいと思います。

広告

-12.独立・ビジネス

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.