11.セミリタイア

セミリタイア後の生活を妄想してみた

更新日:

今日の東京は雲ひとつなく、きれいな秋の青空がどこまでも広がっています。暑すぎず寒すぎず、外出日和なのに自宅であれこれと妄想しています(笑)

前の書評の記事で新しい事業を立ち上げたいと書きました。私は2018年にはセミリタイアしたいと考えていますが、それは準備の一環だったりします。セミリタイアには相応の資金が必要で、その資金の多くを株式投資で確保するつもりでいます。そしてその苦闘の様子が、このブログの内容の大半を占めているわけです。

しかし、市況や投資の失敗が続けば資金の確保はできません。また、セミリタイア後に何もすることがないと、張り合いのない生活になる危険を感じています。こういう懸念を払拭するためにも、新規事業に挑戦しようと考えています。

やろうと考えているのは二つあって、一つはこれまでのキャリアを生かしたコンサル事業です。二つ目は情報発信事業で、これは未経験の分野です。どちらも初期費用は少なく、失敗してもダメージは小さいのでダメもとで挑戦してみようかなと。両方の事業を基本一人で見れるくらいの規模でやっていくつもりです。この二つの事業で、年間400万の純収益を狙います。

新規事業は、年内にはプランを固めて来春には始動させたいと思っています。軌道に乗ったら効率の悪い事業から徐々に撤退していきます。ここからは願望というか妄想全開ですが、数年すれば投資資産は1億円以上になっているはず(笑)その過半を売って小さな賃貸マンションでも買うつもりです。予算は8000万のイメージ。残った数千万円は引き続き株式と債券で運用。外国株・外債の比率を高くしたいですね。

予定通りだと不動産で500万円、株債券で100万円の安定収入が確保できます。これに新規事業の収入400万を加えると、なんと年収1000万!好きなことをやってこれだけ稼げれば文句ないですね。と、こんな具合にトントン拍子では進まないでしょうが、妄想ということでお許しください。

広告

-11.セミリタイア

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.