09.配当・株主優待

2020年の不労所得は499万円

投稿日:

2020年の不労所得の合計額を集計しました。カッコ内は手取り額で、株式の売買益は入っていません。

円貨 4,822,261円(3,907,335円)
外貨 961.77米ドル(769.70米ドル)
株主優待 73,100円相当

外貨に関しては直近の為替レートを用いて1ドル=103.31円とします。そうすると額面で99,360円、手取り額で79,518円となります。そのうえで円貨、外貨を円に換算した額、株主優待の受益額を合算すると以下の通りです。惜しくも額面で500万円に到達できず、大台越えできませんでした。残念!

額面  4,994,721円 (前年比で約25万円増)
手取り 4,059,953円 (前年比で約21万円増)

2016年以降好調だった不労所得の伸びが鈍化していますが、これはコロナの影響で減配となった投資先があったためです。SUBARUやRDSBの減配が痛かったです。全く予想外でした。

しかし幸いにもトータルで前年より減ることもなく、不労所得の水準は年を追うごとに上昇しています。この調子でいけば来年は額面で550万円近くの不労所得をゲットすることも夢ではありません。目標である年間不労所得600万円の達成に向け、これからも株式投資を継続していきます。

広告

-09.配当・株主優待

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.