17.雑感

税金が20%になる前に利益確定すると得か損か?②

更新日:

それでは具体的なケーススタディを。。
私の持っている銘柄で検証してみます。

【想定】
桧家HD
A 買値:549円
B 2013年売値:1,440円(直近株価)
C 2014年以降売値:3,000円(私の目標株価)

【結果】
①今年利益確定した場合の手取り・・・5,598万円(支払税金:848万円)
②今年利益確定しない場合の手取り・・5,572万円(支払税金:1,088万円)

ということで、支払税金の額は①が圧倒的に少ないですが、ほとんど手取りには違いがありませんでした。仮に、C3,240円にすると①②とも同じ手取り(5,998万円)になります。Cを4,000円にすると、①7,264万円、②7,438万円となります。それと、上記では加味してないですが、①は再投資時に株数が減り、その分配当も減ります。それを加味すると、実際はもう少し②が有利になるようです。その他にもエクセルで数字をいじってみましたが、①②の結果では大きな差が付きませんでした。

支払税金の額にはそれなりの差が生じるけれど、手取り額にはさほど差がでない。場合によっては今年利益確定しない方が有利なケースもある。2013年に一度利益確定すると、節税には効果的だけど、手取り額には大差がないようです。節税=手取り増加という話ではない、ということでしょうか。これは一例ですので、皆様も投資の可否を判断される際には検証してみることをお勧めします。
イメージとはだいぶ違う計算になるかもしれませんので。

補足
・今年株価が天井で来年以降は横ばいなら、確実に今年利益確定が圧倒的に有利という試算です。
・それと今年で株価が天井なら、そういう銘柄には再投資するというシナリオが非現実的ですけど。。

広告

-17.雑感

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.