03.ポートフォリオ

沖縄セルラーと私

更新日:

現在のポートフォリオの主要な株式について書いてみたいと思います。

まずは現在最大のシェアかつ最大の含み損を抱えている、「沖縄セルラー」について。

記録をさかのぼると、最初に沖縄セルラーの現物を買ったのは2005年の春か夏頃。その年の秋までに一度全部を薄利で売却して利益を確定していました。同年12月に再度購入開始、当時の株価24万円台で25株を何度かに分けて買い付けています。2006年には売買を繰り返しながら利益確定してポジションを減らしていました。

2007年4月に36万円で10株追加購入、2007年7月に33万円台で5株追加、これが痛い取引でした。

2007年後半にそれまで順調だったEPSの成長が止まり、下落に転じたのです。株価が大きく下がりました。市場環境もあるのでしょうが、成長性のある株から、安定期に入った株に変化するときの恐ろしさを実感しました。

評価のモノサシが違うものになってしまったのです。

それでも必死にナンピンして2007年末には47株まで増えて、その後も安いところで少しずつ買い増して現在に至ります。この株との5年以上の付き合いの中で、私は多くのことを学びました。

例えば、「成長性が永遠に継続するということはなく、どこかで頭打ちになる。成長期から安定期に移る時には評価のモノサシが変わり、暴落の危険性がある。」などなど。代償は小さくないですが、将来に役立つ経験です。今のポートフォリオは、この経験に大きく影響を受けています。

沖縄セルラーの成長性は確かに落ちました。しかし、安定企業として長期にわたり配当を出してくれそうな会社だと思っています。割高感もなく、毎年内部留保が着実に増えているので、少しずつ、じわじわと株価もあがるでしょう。5年後に25万、10年後に30万というのが私の考える目標株価です。それに配当が加わります。

私は守りの銘柄の要として、沖縄セルラーをしばらく保有するつもりです。

広告

-03.ポートフォリオ

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.