20.外国株運用状況

保有外国株の状況(令和元年12月31日)

投稿日:

米国市場は大晦日も通常営業なのでまだ年内の営業が残っていますが、ここらへんで半年ぶりに外国株の記録を更新します。

今年後半に銘柄の入れ替えを実施し、半年前と比較してポートフォリオが大きく変化しました。具体的にはPFFを売却し、ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)とロイヤルダッチシェル(RDSB)を購入しました。これらの2銘柄は英国株扱いで現地での源泉徴収がなく、米国株に比べて手取額が多いのが魅力の一つです。もちろん高配当という点も気に入っています。2年以内にBTIは250株、RDSBは150株まで買い増ししたいと考えています。投資額として概ね100万円のイメージです。

また、いずれはもう1銘柄くらい高配当の個別株に新規投資したいですし、iDeCoと被りますが先進国あるいは売国を等投資対象にしたETFを組み込むのもありかなと思っています。合計5銘柄くらいで分散運用するポートフォリオにしたいなと。

現時点での外国株ポートフォリオの年間配当の見込額は約860ドル、日本円で94,000円程度ですが、来年末までに1,200ドル(=月100ドル)へ増やしたいです。

広告

-20.外国株運用状況

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.