09.配当・株主優待

平成31年3月の不労所得・単月の過去最高値を更新

投稿日:

3月の不労所得をまとめました。カッコ内は手取り額で、キャピタルゲインは集計対象外です。

※平成31年3月の不労所得一覧

・ヒノキヤグループ  1,251,000円(997,776円)
・日本アクア 5,000円(5,000円)
・日本たばこ産業 195,000円(161,481円)
・すかいらーく 11,000円(8,766円)
・貸株金利 1,244円(1,244円)

・PFF配当 41.29米ドル(30.42米ドル)

・すかいらーく優待券 18,000円相当
・日本たばこ産業優待品 6,000円相当

ということで、3月の不労所得は以下の通りとなりました。これまでの単月ベースでの過去最高記録は昨年の9月でしたが、それを上回って新記録を更新しました。昨年末にヒノキヤグループを現引きした分、少し水膨れしている要素もあるのですが、それを差し引いても最高記録です。

・円貨 1,463,244円(1,174,267円)
・外貨 41.29米ドル(30.42米ドル)
・食事券 18,000円相当
・優待品 6,000円相当

右肩上がりに配当が増えているのはとてもうれしいですし、同時に投資戦略が間違っていなそうだという自信も深まります。ちなみに、JTの優待6,000円分ですが、サンジェルマンの商品を注文しつつ、残る半分は寄付に回しました。

※平成31年の不労所得合計額

・円貨 1,468,251円(1,178,767円)
・外貨 75.16米ドル(54.78米ドル)
・食事券 18,000円相当
・優待品 6,000円相当

次の大量入金月は6月ですが、額面で80万円程度の配当を受領できる見込みで、最近は6月、12月の配当も待ち遠しいです。

広告

-09.配当・株主優待

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.