17.雑感

平成29年を振り返って

更新日:

今年も残すところわずかとなりました。

何だかんだで今年も相場が崩れることはなく、堅調に推移しました。金融緩和が続いているうちはこの調子なのかもしれません。器用に銘柄を乗り換える投資が苦手な私にとって、ただ握って気絶しておくだけで儲かる今の投資環境はありがたい次第です。

でも一番ありがたいと思うのは、今年も事故に合わず株式市場という土俵に残れたことです。一度種銭をなくすと復活するのが大変ですから、まずは生き残れたことに感謝です。多分、毎年同じ所感を書いていると思うのですが、本当にそう思います。儲かったとか損をしたというのは二の次で、まずは生き残ることに全力を尽くすべきです。そのためには変な銘柄を掴まないこと、身の丈に合わない売買をしないことが大切で、このふたつを同時にやってしまうと退場になる可能性が出てきて危険です。逆に片方だけなら致命傷にはなりにくいですし、冷静な状態で相場に臨んでいる限りはリスクも少ないと思います。そういう意味では今年も冷静な投資ができたのかもしれません。

ブログを書くと必然的に人の目を意識して「恥ずかしいから変なトレードはやめよう」という気持ちが湧いてきます。監視してもらうことで冷静な投資ができたという面も少なからず、そういう意味で当ブログを見ていただいた皆様に感謝感謝です。この場を借りて今年も駄文にお付き合い頂いた皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました!

それでは皆様、よい年をお迎えください。

広告

-17.雑感

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.