04.業績モニタリング

各社決算チェック(平成29年11月3日)

投稿日:

最近発表された各投資先の決算に目を通してみました。

※中部電力(9502・10月27日)第2四半期決算
・東北電力と同様に、増収減益決算。
・減益の原因は燃料費の期ズレなので驚く必要なし。
・経費削減により通期の営業利益・経常利益の予想額が100億円アップ。
・配当は15円+15円=30円配当、もっと出せる力はあるのでここは残念。。

※センチュリー21(8898・10月30日)第2四半期決算
・有力FC店脱退の影響で減収減益。
・経費が多少嵩んでいるが誤差の範囲内か。。
・今期は業績、株価ともに苦戦やむなしだが、反面仕込みのチャンスかも。
・状況次第で200株くらいは買い増ししたい。

※中国電力(9504・10月31日)第2四半期決算
・同業他社と同様に増収減益決算で、減益の理由はやっぱり期ズレ。
・中間25円配当で一安心だがタコ足配当。
・キャッシュフローは、投資CF>営業CFで、原発再稼働が待たれる。
・原発再稼働の目途が立たないと株価上昇は難しそう。

※JT(2914・11月1日)第3四半期決算
・売上1.6%減、営業利益5.0%減の減収減益決算。
・ただし、為替の影響を排除すると営業利益は2.8%増なのでさほど悪くない。
・通期業績予想に対して順調な進捗が見られる。
・国内たばこ事業は苦戦中だが、海外たばこ事業と医薬品事業が堅調。
・投資判断に変更なし。

来週も多数の投資先の決算開示が予定されていますが、やはり注目は桧家HDです。業績自体は可もなく不可もなく、という内容と予測しますが、これに合わせて一部昇格のリリースを当ててくる可能性もゼロではないと思います。4年前には決算開示の翌日に子会社「日本アクア」上場のリリースがありました。今回も何か良いサプライズを出して欲しいです。

広告

-04.業績モニタリング

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.