17.雑感

電力株売りました

更新日:

本日、現物電力株の大半を売却しました。

売却したのは、4月上旬に買った四国電力と、4月下旬に買った東北電力です。四国電力は1,300円台で購入し、一時は2,100円台に到達しました。東北電力は1,000円ちょっとで購入し、一時は1,400円台に達しました。合計で610万円程の資金を投入して、瞬間的に300万円の含み益ができていました。1か月程度でこれだけの利益がでて、踊りだしたいような愉快な気分でした。

しかし、今日売却した結果、実現利益は40万円程で、それも信用買いの損の補填で手残りはほぼゼロです。何故こんなにも間の抜けた結果になったのか。。当たり前ですが、「売るべき時に売らなかったから」です。これだけ急激な価格上昇が起きれば、当然反動も予測できたはず。にもかかわらず、そこで私は何ら対応を行いませんでした。

暴落時に動揺するように、高騰時には高揚感に包まれて冷静な判断ができなかった。。直近高値に達した時でも、「この株の価値はもっと高い」と思っていました。これは個々人のプライシングの問題ですし、こう思うことに問題はないと思います。問題は急落が想定できるのに手を打たなかったことです。直近の高値圏で半分売却とか、つなぎ売りとか、そういうアクションを起こすべきでした。

グレアムの言うところの、現実主義者になりきれませんでした。残念です。とはいえ、過ぎてしまったことはどうしようもありません。今回、私はこの失敗で数百万円の利益を得るチャンスをふいにしました。しかし、この事例から多くのことを学んで生かしていけば、それ以上の利益を得ることができるでしょう。今回の相場の混乱の中で、傷を負いながらも課題が見つけることができました。

暴落時に焦って買わないこと。暴騰時には手堅く利益確定を行うこと。

近いうちに、自分なりの投資ルールを文章化してみたいと思います。

広告

-17.雑感

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.