06.株式運用状況

保有株式の状況(平成29年12月29日)

投稿日:

大納会も終わりまして、今年の日本株市場は幕を閉じました。

主力投資先の桧家HDは相当株価が回復しましたが、月末の権利落ち後にまた少し値を下げました。結果的にはまずまずの水準まで戻ったという認識で、あとは来月以降の上昇に期待です。

優等生銘柄の沖縄セルラーは、同業のドコモやKDDIの株価が振るわないのも我関せずといった感じで、4,100円台に乗せました。これを受けて沖縄セルラーの含み益が1,000万円を超えました!気分が良いです。

東北電力などの電力株は、今年も完全復活には至らず残念でした。原発再稼働が遅れたり、裁判の影響で業績が左右されるリスクが顕在化したのが理由だと考えています。いったん事故が起きれば大変なことになるというのは理解していますが、電力会社の資産である原発の利用を直接的・間接的に妨害する動きには疑問を感じます。これって財産権の侵害だと思うのですが、あまりそういう認識は広まっていないようです。いずれ正常化するでしょうから、東北電力はこのままホールドするつもりです。増配も期待できそうですしね。

仕込み中のSUBARUは評価損が出ていますが、むしろ安く買えるチャンスという認識で、上限2,000株まで買い増し方針です。JTとドコモも積極的に拾ってきたいと考えています。年末にかけて銀行株が元気でしたね。

結果、年末の日本株ポートフォリオは1億1,260万円となりました。昨年と比較すると2,900万円ほど膨張し、含み益も6,000万円超となりました。今年も満足できる結果が出せてよかったです。

広告

-06.株式運用状況

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.