17.雑感

税金が20%になる前に利益確定すると得か損か?①

更新日:

今年までは株の売却益に対する税金は10%(復興特別税除く)ですが、来年からは20%に増税されます。これは一大事でして、含み益のある銘柄は、いったん利益確定するという対策が考えられます。私も含み益が大きくなってきましたので、増税前の利益確定の効果を試算してみました。

計算の前提条件としては、
・今年の譲渡益の税率は10%、来年から20%
・今年売却した時には、税引き後の資金全額を同じ銘柄に再投資する
・今年売却して再投資した場合と、今年売却せず放置するパターンで比較

結果は、ちょっと意外な内容でした!
どう考えたって、いったん売却した方が得でしょ?という予想でしたが、そうとも限らないようです。数式で表現すると、
18×(A-B)+8×C(1-A/B)>0 ならば、今年売却しない方が「手取り」が多いという結論です。
A・・株価の取得価格
B・・今年売る場合の売却価格
C・・来年以降に売る時の売却価格

要は、今年売却して再投資をすると、そこで税金が取られるので、再投資後の株数が当初株数より減ってしまうという部分がポイントようです。また、今年売却する時点での含み益の状況や、将来どこまで株価が伸びるかによって、結果も変わります。ここでは概要だけ書きましたが、続編でもう少し突っ込んで書きます。

広告

-17.雑感

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.