09.配当・株主優待

年間不労所得が230万円に到達

投稿日:

ここしばらく高配当の宝印刷などを買い集めていましたが、優待や外債利息、貸株金利を含めた年間不労所得が230万円に到達しました!

このペースで行けば来年には年間240万=月20万円という目標をクリアできそうです。上手く行けば250万円も狙えるかもしれません。最近は不労所得の上昇ピッチが上がっていますが、理由は3つあると考えています。

まず株主還元を重視する企業が増えて配当が増えていることが挙げられます。昨今は経済活動の恩恵は役員報酬や配当に割り振られる傾向が強いと思います。従業員の給料にはあまりまわりません。ピケティの話じゃないですが、従業員よりも株主の方が「おいしい」ということですね。

それと配当の再投資も不労所得の上昇ピッチを速めてくれます。最初はなかなか効果が出ませんが、元手が大きくなればなるほど上昇ピッチは速まります。雪だるまを作るとき、最初は苦労しますが途中からはどんどん大きくなりますよね、それと同じです。

最後は、追加投資の実施です。配当の再投資以外にも給料や余剰資金も可能な範囲で投資に回しています。売買が上手な人であれば追加投資の必要はないのでしょうが、私は凡人なのでそんなに元本を増やせません。でもそれなら余剰資金を投入すればよいのです。

まずは240万円、最終的には360万円の不労所得獲得に向けて、これからも投資を継続していきます!

広告

-09.配当・株主優待

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.