09.配当・株主優待

年間不労所得が470万円に到達

投稿日:

今週の決算で銀行やKDDIが増配を発表したことに加えて、不動産がらみの不労所得を得られることが確定したため、年間不労所得の理論値が470万円に到達しました。

株式配当のほか、貸株料や不動産所得を合算しての数字(ブログ収入もありますが、結構時間がかかり不労所得とは言えないので除外)ですが、今年中に到達したいと考えていた480万円まであと1万円くらいまでのところまで来ていまして、6月の配当で何か買えば、480万円に届くのは確実そうです。

目標の年間不労所得600万円に対して、8合目はもう目前です!

ちなみに、上記の数字には法人名義の配当を入れていませんが、こちらは20万円ちょっとあるので、ここまで入れると約500万円のラインまで到達しています。

こうやって少しずつ不労所得が増えていくと「来年は今年よりも状況がよくなる」と思えるようになります。戦略の正しさを再確認できてモチベーションも上がり、配当の増加もどんどん加速していくという好循環が出来上がりつつあるように感じます。

広告

-09.配当・株主優待

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.