06.株式運用状況

保有株式の状況(平成30年2月28日)

更新日:

2月末時点の運用状況です。

2月上旬の株価急落でヒヤリとしましたが、今月末の日本株資産額は先月末よりも1,000万円ほど増加し、資産額は1億3千万円までもう一息という水準まで増えています。ニューマネーを突っ込んだので増えて当然ではありますが、突っ込んだ以上に資産額が増えているので、今月は好調な運用成績だったと言えそうです。

今月は集中投資している桧家HDの株価が好調で、株価は一時3,000円を突破しました。震災翌週の安値で買い付けた分(分割後換算で3100円)は10倍化(テンバガー!)が目前です。桃栗3年柿8年と言いますが、桧家は7年ほどで収穫期を迎えようとしています。その他の株式の大半は、まだ急落前の水準を回復できていません。特にJTとKDDIとすかいらーくが酷い状況です。。

保有銘柄数を20以下に抑えるべく兼松エンジニアリング、センチュリー21、中部電力、中国電力を売却し、逆に銀座山形屋を新規で購入しました。この結果、日本株ポートフォリオは個別銘柄が19銘柄、ETFが1銘柄、合計20銘柄となり、何とか目標までスリム化することに成功しました。今後は銘柄数を増やさずに既存投資先の株数を増やしていきたいと考えています。

来月には桧家HDの東証一部昇格があるのでは?と期待しており、非常に楽しみです。株価が高騰した場合、他の株への乗り換えのために現物で数百株くらいは売却するかもしれません。

広告

-06.株式運用状況

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.