04.業績モニタリング

懲りずに桧家HDの通期決算を予測してみた③

更新日:

③断熱材事業
ここは先日東証マザーズへの上場が発表された日本アクアの守備範囲です。この事業は売上が前期比で52.2%増です。利益は2Qまではそこそこでしたが、3Qは一気に伸びて59.9%増です。さすが、上場する会社は勢いが違います!上場を控えて、日本アクア単体の財務諸表も公開されているので目を通しました。

同期間での比較データがないので、前年通期と今期1-3Qの比較します。原価率が5%上がっていますが、販管費率減少で3%を相殺。結果、営業利益率が少し下がりますが、売上の伸びでこれをカバーしている感じです。最も毎年4Qは利益がグンと伸びるので、通期での営業利益率は10%程度になると思います。売上は100億に肉薄するでしょう。届くかどうか位のレベルでしょうね。営業利益で9.5億前後は稼げると思います。前期が約6億なので大躍進ですね。会社予測で売上70億、営業利益8億ですから、ここで貯金できそうです。

④不動産事業
いま、一番苦しい事業部はここでしょうね。。会社目標では売上100億、営業利益3億です。3Qまでの進捗は、売上58億、営業損失が2億ちょいです。去年も4Q単独では稼げていましたから、今期も4Qに期待したいところ。売上は恐らく会社目標と同水準の100億前後と思いますが、利益はマイナス1.5億位かな。会社目標を4億強下回り、これが相当きついんじゃないかと。年末と増税前の駆け込みの恩恵に預かれるといいのですが。昨今、素地の仕入れが高くなり苦戦してしまうのは、仕方のない話だと思います。なんとかこの部署に頑張って欲しいです。
(続く)

広告

-04.業績モニタリング

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.