17.雑感

中部電力の株主施設見学会(浜岡原発)に参加

投稿日:

参加した日は伏せますが、今年の6月頃に応募した中部電力の株主施設見学会に行ってきました。

あちこちの電力会社に投資しているため、原発の動向には大きな関心があります。原発の実物を見学できる機会というのは非常に限られていますが、幸いにも2回目の挑戦にして中部電力の見学会に当選することが出来ました。何でも応募倍率は5倍くらいだそうです。

今回は浜岡原発の内部も見せて頂きましたが、まず感じたのは非常に活気があるなあ、という点です。浜岡原発ではすでに1号機と2号機は廃炉となって解体作業中(といってもあと20年くらいはかかるとか)で、再稼働の準備を進めている3号機と4号機もいろいろ工事や点検をしているようでした。敷地内でもあちこちに建物が建てられたり造成工事が行われていたりで、協力会社の人を含めると4,000人以上の方が働いているようです。停止中だからといってガランとしている訳ではありません。

それと非常にセキュリティが厳しいです。身分証明の提示や金属探知機でのチェックなど、空港の検査より厳しいかもしれません。これはテロ対策でしょうか。

また、着々と安全対策の工事が進んでいる様子が分かり、見学前より安心感を感じました。分かり易いところでいえば海沿いの防潮堤、あとはフィルターベントの工事も進んでおりまして、現場では着々と対策が行われている点は素晴らしいなと思いました。

仕事で静岡県に行くことも多く、その時に浜岡原発廃止の署名を求められたこともあるので(ちなみに素通りしました)反対する人も多いのは知っています。福島であのような災害が起きたので漠然とした不安もなくはないのですが、科学や合理性に基づいた対策がしっかり行われているのであれば、私は原発を再稼働させてもよいと思っていまして、今回の見学でその思いが強くなりました。もちろん、今回は再稼働を進める電力会社の主催である点、私が中部電力の株主である点を割り引いて読んで頂ければと思いますが、現場を見るという基本中の基本ができて、東京からでも参加した意味があったと思います。

広告

-17.雑感

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.