09.配当・株主優待

年間不労所得が210万円に到達

更新日:

配当を中心とした年間不労所得の額が210万円のラインに達しました。年210万円というのは月額換算で175,000円なので、生活費の半分弱は配当で賄えるようになりました。取りあえずの目標の年額300万円の70%水準ですね。

社会人になってから「これからは真面目に働いているだけでは稼げなくなる」と感じて、ボーナスを元手に投資を始めたのは24歳の頃です。ちょうど株のネット取引が始まった時代で、そんな環境だから株取引のハードルが下がったという背景もあります。

リーマンショックの頃までは、直感というか人の受け売りというか、適当な投資方法で取引していて損益はトントンという感じでした。リーマンショックの後にようやく投資理論や投資哲学の本で勉強を開始、配当重視のスタイルに切り替えてきた効果が、いまこうやって具体化していると思うと感無量です。

これからはドライブが効いてくると思うので、ここからの配当の伸びは加速すると思います。早く300万円に到達したいです。

広告

-09.配当・株主優待

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.