09.配当・株主優待

令和元年12月の不労所得

投稿日:

今月の不労所得が確定しました。カッコ内は手取り額で、キャピタルゲインは集計対象外です。

※令和元年12月の不労所得一覧

・三菱商事配当 19,200円(15,300円)
・SUBARU配当 129,600円(107,660円)
・KDDI配当 55,000円(44,945円)
・三井住友FG 45,000円(39,515円)
・三菱UFJFG 18,750円(15,196円)
・沖縄セルラー 394,400円(314,279円)
・みずほリース 4,000円(3,188円)
・RDSB配当 18.80米ドル(15.04米ドル)

・ヤマダ電機優待券 2,500円相当
・不動産所得 9,000円(9,000円)
・貸株金利 1,362円(1,362円)

今月も9月末権利落ちの各社から多額の配当金を受領しました。RDSBからは2回目の配当をゲット(BTIと違ってやはり「外国手数料」はありません)です。いろんな会社から日々配当金が振り込まれ、毎日口座の残高が増えていくのを眺められるのも投資の醍醐味?かもしれません。

※令和元年12月の不労所得の合計
・円貨 676,312円(550,445円)
・外貨 18.80米ドル(15.04米ドル)
・株主優待品 2,500円相当

 今年の不労所得の合計額に関しては、別の記事でまとめてみたいと思います。

広告

-09.配当・株主優待

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.