19.外国株

海外への投資について

投稿日:

私は投資歴が15年程ありますが、ここ最近は海外への投資に強い興味があります。当初は身近な所へ投資したいということで国内株を中心に運用してきましたが、リーマンショックの前あたりにアクティブ系の外債ファンドを買いまくって最盛期には400万円程の海外資産残高という時期もありました。それもリーマンショック後の国内株低迷時のナンピン資金としたので、ここ5年程は海外資産の残高は100万もない時期が続き、円安効果とチマチマしたインデックスファンドの定期買付で昨年くらいにようやく100万円を突破したような状況でした。

私は長期的には円安トレンドになると考えており、かつ国内株の成長鈍化の可能性を考慮すれば、国内株の比重を下げたいと考えるようになりまして、今年の春から外国株や海外ETFにチャレンジしています。また、今年から始めた個人型DCでも海外の株と債券、REITのファンドを買っています。

現在、私の海外資産は200万円程度、全投資資産に占める割合は3%弱です。この比率を最終的には30%位には持っていきたいです。海外の株や債券に関する情報は豊富とは言えず、特に英語が得意でもない私にとっては不利な面もあるのですが、リスク分散のために国内株を少しずつ減らしてリプレイスしていく予定です。

広告

-19.外国株

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.