02.投資方針

当面の展望

投稿日:

最近はどの株も結構下がってきまして、PERや配当利回り等の指標で見てもだいぶ割安感が出てきました。ここは絶対潰れないだろうという大企業でも、配当利回りが5%以上あるケースも少なくありません。すごくお買い得です。

しかし、経済指標等を見るにこれから2、3年は景気が低迷しても不思議ではなさそうなので、株価は上がるよりも下がる可能性の方が高いそうだと私は考えています。

昨今の株価下落が、景気の不透明感から来る「気分」が主導する株価下落だとすれば、そのうち「企業の利益の低下」が主導する株価の下落が起きるものと予想します。そうなると投資家は将来見通しに関して一気に悲観的になりますが、そのような投資家が株を売ったあたりが当面の底になるような気がします。

とはいえ株価がどう動くか予測することは難しいので、下落局面が続くように思える場合であっても、その時々で一番お買い得と思われる株式を買い増まして行く作戦に変更はありません。この作戦は上昇局面でも下落局面でも変わりませんが、上昇局面と違うところがあるとすれば、それは買い急がないという点です。具体的には信用買いを極力封印し、一気に買いすぎないように気をつけています。

当面息苦しい局面が続くと思いますが、いずれまた春がやってきます。それまでは無理をせず、しかしコツコツと仕込みを継続していきたと考えています。

広告

-02.投資方針

Copyright© セミリタイアを目指して株式投資する男の独り言 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.